育児疲れ 育児ストレス

私も赤ちゃんと一緒に泣いていました

私は結婚してすぐに妊娠したので、出産までぬくぬくと家にこもっていたせいもあり、激太りしてしまいました。

 

その結果、出産後も中々痩せられずに育児に奮闘していました。

 

自分のフットワークの悪さにイラつきながらの育児と家事に自己嫌悪に陥ってしまいました。

 

子供は、男の子で泣き声も大きく近所から苦情がくるのではとハラハラしていました。

 

夜中の夜泣きはさすがに部屋には入られず、車に乗せてドライブをしていました。

 

ドライブと言っても近所をぐるぐる回っているだけですが、何故か車に乗せると泣き止むので寝付くまで走っていました。

 

主人は朝の早い仕事なので起こすのがかわいそうでしたし、休みの日は積極的に育児をしてくれます。

 

それに、私は育児も家事も完璧を目指していた訳ではありませんが手抜きが出来ませんでした。

 

ある日、また子供が夜中に大泣きしたので車にと思ったのですが、自分でも無意識に子供と一緒に泣いてしまいました。動けませんでした。

 

主人が起きて私達二人を見てびっくりしていました。主人が子供を抱きながら「無理しなくていいよ」と背中をなぜてくれると、また私は大泣きしてしまいました。

 

次の日、私の目はパンパンでしたが気持ちはなぜか軽くなっていました。

 

その日の夕食は、主人の計らいで子供を実家に預け二人で久しぶりに外食をしました。

 

そこで主人が「先は長いんだから、ゆっくりと進もう」と言ってくれました。

 

私は一人で力みすぎだったと反省しました。きっと主人にも子供にも鬼のような形相でいたのだと思います。

 

少しぐらい手抜きをしてもいい、それよりも明るいお母さんで妻の方が子供も主人も喜んでくれる事に気づきました。

 

私は育児と家事だけに明け暮れずに、少し自分磨きする事にしました。

 

太ったままですし、お肌もカサカサ、このままでは社会復帰は恥ずかしくて出来ませんよね。