育児疲れ 育児ストレス

赤ちゃんの寝ぐずりや育児疲れに悩んでいる方へ

赤ちゃんの寝顔に癒されはずが、寝付いてくれるまでに疲れ果ててしまう事や自分の方が泣きたくなってしまう事ありませんか?

 

寝ぐずりや夜泣きで、お母さんが睡眠不足になり体調を崩すのが1番の心配です。

 

寝ぐずりが自分の子は特にひどいのでは?とか、自分の育児の仕方が悪いのでは?と悩まれていませんか?

 

寝ぐずりと夜泣きは違います!少し原因や時期などを理解していただけると、お母さんの心に少しでもゆとりがでると思います。

 

寝ぐずりとは、赤ちゃんが眠いのに寝付けずグズグズしている事です。月齢の低い赤ちゃんに多く、泣き疲れて寝てしまう赤ちゃんもいます。

 

夜泣きとは、完全に寝付いてからその後、半分寝て半分起きた状態で大泣きしたりグズグズしたりする状態です。

 

寝ぐずりは個人差もありますが、早い子では生後1〜2ヵ月頃から始まる赤ちゃんもいますが、生後6ヵ月頃から寝ぐずりが始まる赤ちゃんが多いようです。

 

寝ぐずりの時期がすぐ終わる赤ちゃんもいれば、半年以上続く赤ちゃんもいます。個人差はありますが、通常1歳〜2歳には終わるようです。

 

眠い時にぐずる赤ちゃんだけではなく、寝起きにぐずる赤ちゃんもいます。

 

泣く原因は、いろいろあると思われます。

 

お腹がすいた、暑い、寒い、かゆいとか、甘えたい赤ちゃんや自我を主張している赤ちゃんなど様々な理由があると思います。

 

寝ぐずり対策には、添い寝が効果的です。お母さんの匂いや肌のぬくもりを感じさせることで、安心感を持ちリラックスしてくれます。お母さんの指などを握らすのも良いようです。

 

生後6ヵ月頃の赤ちゃんは、体力がついてくるので適度な運動や刺激も必要です。外の空気に触れるのも良いのですが、適度な時間で遊ばせましょう。疲れ過ぎたり、興奮しすぎると逆効果になりかねません。

 

生後3〜4ヵ月頃には、生活リズムを作りましょう。眠たい時に寝させるのでは無く、昼寝を早い時間に切り上げ夜ぐっすりと寝れるように切り替えていきましょう。お母さんの睡眠不足対策にもなります。

 

寝ぐずりは、赤ちゃんの成長の一歩です。赤ちゃんの成長はとても早いので、楽しみになってきますよ。